自社ローンってなに?

販売店が自社で提供しているローンです

レンタルDVDを長期間延滞して高額な請求をされたら

time 2021/10/18

レンタルDVDを長期間延滞して高額な請求をされたら

DVDをレンタルした後、うっかり返し忘れてしまってそのままというケースがあります。普通、返却が遅れた場合は、レンタルショップから電話がかかってくるか、電話で連絡が取れない場合ははがきが送られてきますが、会員登録した時と返却を遅らせた時の住所が違うという場合ははがきは届きませんので、客がレンタルショップに行かない限り、返却されていないということを伝えられません。しかし、なんらかのきっかけで、店が客の連絡先を把握した場合、DVDが返却されていないことに対する高額な延滞金を請求される場合があります。借りてから数年以上経っているというのであれば、10万円を超える場合もあります。

では、このような高額な返済金を請求された場合はどう対応すればいいのでしょうか。まず、高すぎて納得できないので一円も払わないというのは難しいので店と交渉することになりますが、減額交渉をする余地はあります。というのは、レンタル用のDVDに対する損害賠償として、10万円を超える金額は高すぎるからです。消費者契約法という法律に、店が実質的に被った損害よりも請求した賠償金が高い場合は、その高い部分は無効になるとあります。

つまり、DVDがある程度の期間で返却されない時点で、店が新規にレンタル用のDVDを購入したとすれば、実質的な損害は延滞が始まった日からDVDを購入して店に並べる日までの延滞金と、DVDの購入費ということになります。一日あたりの延滞金が300円で、延滞が始まってから一ヶ月でDVDを一万円で買ったとしたら、一ヶ月分の延滞金が9000円、購入費が1万円で合計19000円が実質的な損害額になります。なので、店に支払うお金は19000円で済む可能性があるということになります。

down

コメントする




レンタカー